恋愛未経験・経験が少ない人へ

彼女の作り方において大事なギャップを作る方法とは?

彼女の作り方において大事なギャップを作る方法とは?
賢治
賢治
どうも、全日本童貞強化連盟会長の賢治です。

今すぐにでも彼女が欲しいと思っている君、それならギャップを作るのが一番手っ取り早い方法だ。

なぜなら、女性というのは男性の意外性に惹かれる生き物で、普段と違う一面を見た時にトキメイてしまうからだ。

 

なので、今もし気になっている女性がいたり、これから彼女となる女性を探そうというなら、必ず1つはギャップを用意しておいた方がいい。

それによって、君が彼女を作れる確率がグンッと上がるからだ。

 

とはいえ、いきなりギャップを作れと言われても、一体どんなギャップを作ればいいか分からないし、どうやって作ればいいんだという話だろう。

そこで今回は、彼女の作り方において大事なギャップを作る方法を紹介していきたいと思う。

 

ギャップなんて作れる人と作れない人がいるだろう、と思っているかもしれないが、実は誰にだって簡単に作ることができる。

それを今回、君には伝授していくのでぜひ最後まで読んでみてほしい。

 

管理人が彼女を作ったマッチングアプリはこちら

 

彼女作りにおいてギャップが必要な理由は?

彼女の作り方において大事なギャップを作る方法とは?

まずはじめに、なぜギャップを作ることが大切なのかについて説明しておこう。

ギャップなんかなくたって彼女を作れるんじゃないの?とか思っている人もいるかもしれないが、おそらくその考えを持っていたら一生彼女はできない。

というか、仮に出来たとしてもすぐに飽きられて、また独り身に戻るだけだろう。

 

それくらい恋愛においてギャップというのは重要なのだ。

 

で、彼女が出来なくて悩んでいる人は、女性と対面している時に嫌われないよう真面目に接している、もしくはそうするように努力しているだろう。

確かに、女性に紳士的な態度で振る舞うことは重要なのだが、実はそれだと自分の首を締めてしまっているのだ。

 

どういうことかというと、女性に優しく接していても『この人優しくていい人だけど、それ以外特に何もないな~』と相手からすると“普通の人”にしか思われず、印象に残らない。

そうなると、女性の記憶の中からどんどん君の存在が薄れていき、最終的には忘れられてしまうのだ。

 

ただ、ここに1つでもギャップがあれば、意外性が相手の記憶に残るだけでなく、第一印象とは違う一面を見れたことでトキメキ、異性として意識して見てくれるようになるのだ。

 

例えば、小柄でヒョロガリな男性だと最初は頼りなさそうに見えるが、実は空手黒帯持ちで街でヤンキーに絡まれた時に守ってくれたりすると、それだけで印象は格段に良くなり、むしろ好きという感情まで出てきたりもする。

 

つまり、ギャップは女性にトキメキを誘発するものなのだ。

で、ギャップというのは普段と違う一面を見せることで相手に感じてもらえるのだが、良い印象→悪い印象ではなく、悪い印象→良い印象を与えると非常に効果的となる。

最初は良かったのに、会っているうちに段々悪いところが見えてきたというのは、最悪なギャップの見せ方だ。

 

なので、実はイケメンというのは恋愛において不利だったりするのだ。

というのも、ルックスが良いせいで何でも上手にこなせそうと勝手に思われてしまい、普通のことをしただけなのに『何だその程度か…』とガッカリされたりするのだ。

一方、ルックスはそこまで良くなくても、女性に意外と思わせるギャップがあれば、イケメン以上にモテることだってできる。

 

では、そのギャップというものを一体どうやって作ればいいのかについて解説していこうと思う。

 

彼女が欲しいならやるべきギャップの作り方は?

彼女の作り方において大事なギャップを作る方法とは?

ギャップがあるというのは彼女が出来てからも重要なことで、意外性のない男性と付き合っていても次第に飽きてきて、他の男に逃げられてしまうことがある。

 

実際に、昔の私は彼女のことを大切に思いすぎたばかりに、彼女から”ただただ優しい男”としか思われず、最終的には『いつも優しくしてくれるのは嬉しいけど、付き合っていてつまんない』と言われ振られてしまった。

 

もし、そこで優しい以外の一面も見せることができれば、当時の彼女からも捨てられることはなかっただろう。

だからこそ、これから彼女を作ろうとしている君にも今のうちからギャップを作れるようになってもらいたいのだ。

それでは、彼女作りにおいて重要なギャップの作り方を紹介していこう。

 

1:普段の自分とは逆の一面を見せる

さっきも言ったように、普段の自分とは違う一面を見せることで相手はギャップを感じる。

それこそ、いつもの自分とは正反対のことをやるだけでギャップというのは簡単に生まれる。

 

例えば、以下のようなものが挙げられる。

  • 真面目そうな人が、一緒に遊びに行った時に楽しそうにはしゃぐ
  • 地味な見た目なのに、実は脱いだらマッチョだった
  • 何も考えてなさそうに見えて、実はしっかり将来のことを考えている

 

こんな風に、自分の中にある一面を普段は見せず、いざという時に見せることで相手からいいギャップとして捉えられる。

いつも自分はどんなキャラなのかを理解し、そのキャラからは想像しにくい一面をちょっと出すだけでギャップというのは簡単に作れるのだ。

ただ、そのためには大前提として自分がどういうキャラに思われているかをしるひ

 

2:周りに自分の印象を聞いて確かめる

ギャップを生み出すためには、まず自分が周りからどう思われているかを理解することが大事だと言ったが、なかなか自分の印象を主観だけで捉えるのは難しい

自分は周りから真面目だと思われていると思っていても、実はチャラいと思われていることだってある。

だからこそ、自分だけで判断するのではなく、認識のズレをなくすためにも周りに自分はどういう人間なのかを聞いて確かめてみるといいだろう。

 

そこで多くの人が言ってくれた意見が、君のキャラクターということだ。

自分のキャラクターが分かれば、どんなギャップを作れば効果的なのかが分かる。

 

3:いつもの自分とは違うキャラを演じる

周りに人に確かめて自分のキャラクターが分かれば、たまに違う一面を見せてもいいし、敢えて普段から違うキャラクターを演じることでギャップを生み出すことができる。

例えば、実はスポーツが得意だけど普段は文化系男子のような服装をして、大人しそうな男性を演じるとか。

それで、一緒にスポーツする機会があった時に、持ち前の運動神経を発揮すれば、ギャップで女性の心を大きく揺るがすことができる。

 

あとは、普段何も取り柄のなさそうな人がカラオケに行ったら、めちゃくちゃ歌が上手いとかも女性をドキッとさせる。

自分に何か得意なことがあれば、それをより際立たせるために、敢えて普段は反対のキャラを演じてみるのもギャップで女性から好かれる方法の1つだ。

 

4:コンプレックスを活かしてギャップを作る

女性が心を揺るがすギャップというのは、マイナスからプラスに印象が変わるときだ。

一見怖そうな人が雨の中、野良犬に傘を指してあげているのを見るとキュンとするのが、まさにいい例だろう。

で、人には誰しもコンプレックスというものがあるはずだから、それを活かして違う一面を見せれば、普通の人がアピールした時よりもより良く見える。

 

例えば、お笑い芸人に芋洗坂係長というのがいるが、デブ・ハゲ・メガネという見た目にも関わらず、キレッキレのダンスが出来るという特技があり、世間の人を驚かせた。

一般的にデブ=運動できないイメージがある中で、キレのある動きを見せることで普通のダンサーよりも印象に残り、その意外性から素敵だと思われることもあるのだ。

その証拠に、普通のデブ・ハゲ・メガネだったら女性からも相手にされなかったかもしれないが、芋洗坂係長はちゃんと女性と結婚することが出来ている。

 

今コンプレックスに悩んでいるかもしれないが、それはギャップを目立たせるエッセンスと考えるようにして、むしろ活かしてやろうという気持ちが大事なのだ。

マイナスからプラスになると振れ幅(意外性)も大きく、感動すら起こり、女性の心を大きく揺さぶることができる

 

5:弱っている姿を見せるのもギャップになる

実は、良い面だけを見せるのがギャップではなくて、不意に見せる弱ってる姿も女性にとって良いギャップに思われることがある

特に、普段仕事に真面目に取り組んでバリバリしている人が、ふとした瞬間に浮かない顔をしたり、悩みを相談するとキュンっと思う女性は多い。

 

普段完璧主義な人ほど弱ってる姿を見せてギャップに思われるので、敢えてそういう姿を時折見せてみるといいだろう。

あまり見せすぎるとせっかく築いてきたものが崩れて、頼りない男性に思われてしまうので、ここぞという時だけに抑えておこう。

 

こんな感じで、ギャップというのは誰にでも作り出すことができるので、これから意識してみよう。

そうすることで、予想以上に自分の印象も良くなったりするので、恋愛も上手くいったりする。

 

管理人が彼女を作ったマッチングアプリはこちら

 

間違ったギャップを作ると一生彼女は出来ない

彼女の作り方において大事なギャップを作る方法とは?

女性にモテるにはギャップを作ればいいんでしょと思っても、勘違いして間違ったギャップを与えては一生彼女が出来ない。

むしろ、女性から嫌われてしまうこともあるので注意するべきことを紹介していこうと思う。

 

女性の気を引くためにギャップを与える時に注意しなければいけないこととは、自分のすごいことを自慢げに先に話してしまうことだ。

『俺ってこんなすごいところあるんだー!』と先に言ってしまっては、その後に特技を披露しても、すでにハードルが上がってしまっているので感動が薄くなってしまう。

むしろ、予想を越えるのが難しくなってしまい、『なにそれ普通じゃん』と評価を悪くしてしまうことにも繋がる。

 

だから、アピールしたいギャップがあったとしても、それは決して自分の口から言わず、わざと何もないかのごとく振る舞うことが大事だ。

それで、ここぞという時にギャップを見せつけることで、相手が受ける感動も大きくなり、心が揺さぶられるのだ。

例えば、料理が得意であっても『普段は全然料理とかしないねー』とか言っておきながら、バーベキューとかで料理の腕前を披露すると、女性からの評価も一気にアップする。

 

これを先に『俺料理得意なんだよねー!今度食べに来ない?』と誘っても、自分で言うことは相当料理上手なんだろうとハードルが上がり、仮に美味しい料理でも『まぁ、美味しいは美味しいけどそこまで』と期待を裏切ることになってしまう。

 

どうしても男性の中には自慢をしたい人が多いが、自分の自慢話ばかりする男はつまんないと女性は思うので、気をつけるようにしよう。

先にネタ明かしをしてしまうと、せっかくのギャップも台無しになってしまう。

 

ギャップを用意できたら女性と出会う機会を増やしていこう!

彼女の作り方において大事なギャップを作る方法とは?

今回は、彼女の作り方において大事なギャップを作る方法を紹介してみた。

気になる女性を振り向かせたり、彼女をゲットするためにはギャップが必ず必要となる。

そのギャップも少しの意識で誰でも作ることができるので、ぜひ今回の記事を参考にギャップで女性を惹きつけられる男性になってほしい。

 

ただ、いくらギャップが作れたところで、それを見せる女性に出会わないことには彼女も作ることはできない。

とはいえ、いきなり女性との出会いを増やせなんて言われても、無理なこともあるだろう。

そんな時に役立つのがマッチングアプリで、スマホさえあれば誰でも無料で使い始められ、アプリを通じてたくさんの女性と出会うことができる。

 

最近は、女性も出会いの機会が減っていることからマッチングアプリを使う人が急増しており、男女ともにメジャーな出会い方の1つとなっている。

だからこそ、今の時代マッチングアプリを使って出会いを探さないのは、正直遅れている。

私自身もマッチングアプリを使って複数の女性と出会い、その中から彼女を作ることができた。

 

そんな私が実際に使って女性と出会うことができたマッチングアプリを紹介したものがあるので、気になる人はぜひ一度確認しておいてほしい。

↓    ↓    ↓

管理人が彼女を作ったマッチングアプリはこちら